全国統一防火標語:消しましょう その火 その時 その場所で

火災を防ぐ

火災をふせぐには

毎年、全国の建物火災による死者のうち約90%は住宅火災でなくなっています。そして火災による死者の約半数が65歳以上の高齢者です。
各種防災機器の開発により、火災件数は減少傾向にありますが、社会の高齢化にともない、今後ますますお年寄りの被害が増えるおそれがあります。
「防火の基本はそこに住む人の自覚です。」
家族みんなが身の回りの安全点検を実施するとともに、こうした火災の動向を認識していただき、火の用心をより一層徹底するようご協力をよろしくお願いします。

火災防止10のポイント

火災を防ぐ

天ぷらを揚げるときはその場を離れない

●ガスコンロの周囲や上部に燃えやすいものを置かない。
●炎を小さくしてコンロを離れる人がいますが、食用油は350℃程度になると自然発火するので、必ず火を止めてからその場を離れる。

 

火災を防ぐ

寝たばこ・たばこの投げ捨ては厳禁

●たばこは決められた場所以外では吸わないようにする。
●灰皿は大きめのものを用意し、常に水を入れておく。
●火のついたたばこを放置しない。その場を離れるときは完全に火を消してから。

 

火災を防ぐ

風の強いときに、たき火をしない

●たき火をするときは、その場から絶対に離れない。
●周囲から燃えやすいものや危険物を片づける。
●水をいれたバケツを必ず準備しておく。

 

火災を防ぐ

家の回りに燃えやすいものを置かない

●新聞・雑誌などの燃えやすいものを家の周囲に置かない。
●放火の的になることもあるので、ごみは指定された日の朝に出す。
●車庫・物置などの戸締りはしっかりと。

 

火災を防ぐ

マッチやライターでこどもを遊ばせない

●こどもの目につくところにマッチやライターを置きっぱなしにしない。
●日頃からこどもに火の正しい使い方や火災の恐ろしさをきちんと教える。
●花火をするときは必ず大人が付き添う。

 

火災を防ぐ

電気器具は正しく使い、たこ足配線はしない

●電気器具は使用説明書などをよく読んで、正しい使い方を心掛ける。
●電気器具の使用後は、プラグを抜いておく。

 

火災を防ぐ

ストーブには燃えやすいものを近づけない

●カーテンの近くにストーブを置かない。
●石油ストーブは耐震自動消火装置付きのもの以外は使わない。

 

火災を防ぐ

寝る前に必ず火元を確かめる

●「ガスコンロの元栓」などと点検項目の書いたメモを壁に張り出し、それを見ながら確認していくのも一つの方法

 

火災を防ぐ

お年寄りは1階に

●お年寄りやこども、病人などの部屋は避難しやすい1階に。ただし古い木造住宅の場合は、地震による倒壊の危険性もあるので注意
●万一の場合に備え、枕元やトイレなどに呼び鈴(ホイッスル)を用意する。
●ガスの元栓や電気器具の差し込みなど寝る前に家族がお年寄りの部屋を確かめる習慣を。
●お年寄りを家に残して外出するときは必ず近所に声をかける。

消火の備えを万全に

●各家庭に最低1本は消火器を備える。
●住宅用火災警報器を設置して火災をいち早く発見する備えを。
●地域の防災訓練には積極的に参加する。
●風呂の水のくみおきの習慣をつける。

お年よりを火災からまもるために

全国では住宅火災で、約900人の方が毎年亡くなっており、そのうち半数以上の方が65歳以上の高齢者です。
高齢者の皆様が日常のなかで火災を起こさないためにも日頃から注意して毎日を安全にお暮らしください。
お年寄りだけの世帯が増えています
高齢化社会を迎え、お年寄りだけの世帯や一人暮らしのお年寄りが増えてきています。火災での65歳以上の死者数を見ても過去10年間、その数は増加傾向にあります。元気そうに見えるお年寄りでも、万が一の時はすばやい行動がとれなかったり全く動けなくなることも考えられます。
火災予防に努めるのはもちろんですが、機会を見つけて避難方法などについて話してあげてはどうでしょうか。
普段から積極的に声をかけるようにしていきましょう。なかには他人とかかわりたくないというお年寄りがいるかもしれませんが、万が一の時には助け合える関係になっていることがたいせつです。

火災でなくなるおもな出火原因

タバコ寝タバコは危険!
火種にも注意!
防炎品の寝具類を使用しましょう
火災でなくなるおもな出火原因 たばこ
ストーブ

つけたまま寝るのは危険!
つけたままの給油は危険!
火災でなくなるおもな出火原因 ストーブ
コンロ

衣服は、火に近づくと危険!
袖口の広い衣服にも注意!
防炎品のエプロン、アームカバーを使用しましょう
料理中にその場を離れるのは危険!
揚げ物中の電話に注意!
コンロの周りには燃えやすい物をおくのは危険!
火災でなくなるおもな出火原因 コンロ
電気

コードを、家具等の下敷きにするのは危険!
たこ足配線は危険!
火災でなくなるおもな出火原因 電気
ローソク・灯明

火をつけたままその場を離れるのは危険!
不安定なローソク立ては危険!
火災でなくなるおもな出火原因 ローソク・灯明

安全にくらしていくために

タバコ寝る前の一服は決まった場所で!
灰皿は水を入れ、フチの広いものを使用しましょう
灰皿の吸殻はこまめにすてよう!
吸殻はゴミ箱に捨てない!
安全にくらしていくために
安全な環境作りを台所は整理整頓を!
家の周りには燃えやすい物をおかないで!
放火に注意
安全にくらしていくために
やすむ前に火の元のチェックを!
チェック表を作り、声をだして確認しましょう
安全にくらしていくために
2方向避難

避難しやすい場所でやすみましょう
2つ以上の避難路を決めておきましょう
安全にくらしていくために
万一のために住宅用火災警報器を設置しましょう
火災の熱や煙をいち早く知らせ、発見するのに有効です

寝具類には、防炎品を使用しましょう
防炎品は、着火しても燃え広がりません
防炎品と非防炎品との燃焼比較
防炎品の寝具類には布団、布団カバー、シーツ、パジャマ、枕カバー等があり、
防炎マークが付いています。
普通の寝具
普通の寝具は25分後には煙が立ち上がり始め、1時間後には全体に燃え広がります
防炎寝具
防炎寝具は1時間たっても部分的に黒く焦げるだけで燃え広がりません
安全にくらしていくために

このページのトップへ